治療メニュー写真

治療メニュー:無痛治療

画像はクリックで拡大します

無痛治療への取り組み
無痛治療
治療中に生じる痛みは、麻酔によって緩和することができます。
痛みが起こりそうな治療の場合は、あらかじめ十分な麻酔を行って痺れさせておけばよいのです。

しかしながら、麻酔注射は針を刺すときに「チクッ」として痛い、加えて麻酔液を注入していくときも痛みが続くといった難点があります。 また、短時間で多くの麻酔薬を注入すると痛く効きも悪くなります。

当院では、眠っている間に痛みなく治療を受けられる「無痛リラクゼーション法(静脈内鎮静法)」を導入し、患者様にリラックスして治療を受けていただけるよう無痛治療に取り組んでいます。
無痛リラクゼーション法(静脈内鎮静法)とは
無痛リラクゼーション法(静脈内鎮静法)」とは

鎮静薬や向精神薬を静脈に直接注入して麻酔状態にする方法です。歯科治療における麻酔は直接歯ぐきに注射するのが一般的ですが、無痛リラクゼーション法(静脈内鎮静法)では、腕の静脈に点滴をすることで薬剤を注入します。
「歯ぐきに麻酔を打つのが怖い……」という方も、無痛リラクゼーション法なら安心です。

薬 剤を注入してしばらくすると薬が効いて眠くなり、なかには意識を失う方も。不安や緊張が和らいだ状態になることで痛みを感じにくくなります。ほぼ眠ってい るような状態のまま治療が終了するので、インプラント治療のみならず一般治療でも恐怖心や嘔吐反射が強い方にはおすすめです。

こういう方におすすめ

・歯科治療が本当に嫌いな方・歯科恐怖症の方
・複数歯の治療・短期間で集中して治療を終わらせたい方
・嘔吐反射(口の中に物が入ると吐いてしまう反射が強い方)
・協力がなかなか得られない、障がいを持った方   など

無痛リラクゼーション法(静脈内鎮静法)の注意点

・心臓・肝臓などに異常がある患者様は、使用できない場合があります
・妊娠中・授乳中の方、小児には使用できません
・使用する薬剤に含まれる成分にアレルギーがある患者様は、使用できない場合があります
・麻酔終了直後には頭がボーっとする場合があります(院内で十分にお休みいただくか、ご家族様などに迎えに来ていただきます)
・麻酔が切れたあとには、痛みを感じることがあります(飲み薬にて対応)
・当日、麻酔前の飲食を控えて頂く必要があります